交通事故

負傷者の確認・救護

事故が発生した場合、直ちに車を止めて負傷者の有無を確認します。負傷者がいる場合は、直ちに救急車を呼びましょう。

警察へ届ける

警察への届け出は運転者の義務です。(とくにケガを負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)物損・人身にかかわらず、速やかに警察に連絡しましょう。

連絡方法は110番で結構です。運転者が負傷して報告できないときは、報告可能な同乗者の方が連絡して下さい。

証拠の保全・相手情報の確認

どのような事故であっても、警察とは別個に、事故の当事者として自分で状況を確認し、現場の状況を意識的に記憶・記録し、写真等で証拠を残しておくようにすべきです。

また、後に相手方に損害賠償を求めるために、あるいは相手方に円滑かつ適切に損害賠償を行うために、相手方の情報は正確に把握しておくべきです。

加害者の住所、氏名、連絡先
加害者が加入している自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号など

加害車両の登録ナンバー
勤務先と雇主の住所、氏名、連絡先
(※業務中に従業員が事故を起こせば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)

保険会社への事故報告

最後に、保険会社に報告をします。

被害者であっても、後に過失があったことが判明し、自分の保険を使わなければなならない場合があるので自分の保険会社に報告をしておくべきです。。

従って、加入しているの保険会社に事故報告をしましょう。

お気軽にお問い合わせください

ご検討されているお客さまへ WEBお問合せはコチラ 096-370-2344